診療案内 睡眠時無呼吸症候群 | 市バス七条千本停留所より徒歩5分 耳鼻咽喉科 西山医院

睡眠時無呼吸症候群
Sleep apnea syndrome

ホーム > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)または呼吸が弱くなった状態(低呼吸)が断続的に繰り返される病気です。その結果、中途覚醒や深い睡眠がとれないため睡眠不足となり、日中の眠気や集中力の低下のため勉強や仕事に支障をきたしたり、事故に結びついたりすることがあります。
睡眠不足以外に高血圧や動脈硬化の原因ともなり、夜間頻尿の原因の一つにもなります。

睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の特徴

  • 肥満傾向でいびきをかく人
  • やせていても、顎が小さい人や軟口蓋が狭い人
    (注)軟口蓋:口をあけたときに奥に見える口蓋垂(のどちんこ)と両側のひだ

  • 口蓋扁桃やアデノイドが大きい人(小児も含む)
  • 更年期以降、いびきをかくようになった女性

こんな症状の人は要注意

  • 大きないびきをかく
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 起床時の頭痛やだるさ
  • 日中いつもねむい
  • 居眠り運転をよく起こしそうになる。または起こしたことがある。

睡眠時無呼吸症候群はきちんと検査をし、原因を調べ、適切な治療をすると、必ず治療効果が得られる病気です。

睡眠時無呼吸症の検査

睡眠時無呼吸症の簡易検査装置カニューレ睡眠時無呼吸症の
簡易検査装置

当院では、睡眠時無呼吸症の簡易検査を行っています。
鼻に呼吸状態を調べるための気流センサーを、指先に血液中の酸素濃度と脈拍を調べるセンサーを付け、検査機器本体は腹部に装着します。二日間、ご自宅で睡眠中に検査を行っていただきます。
結果は、当院で解析後、ご説明します。

レスポンシブウェブデザイン